トレーニングと回復

パーソナルトレーニングの効果がなかなか現れないというとき、さまざまな原因が考えられると思います。その時に、見過ごされてしまうことが多いのが、回復がうまくいっていないということです。回復がうまくいっていないために、トレーニングの効果が出ていないという人も少なくないといいます。

スポーツの練習を毎日のように行っている場合、十分に回復しないうちに翌日の練習を行っているということになります。これでは、練習の質が下がることにもつながってしまうでしょう。ランニングであれば、ランニングの質が落ちるでしょうし、ウェイトトレーニングでも、その質は落ちると考えたほうが良いと思います。質の低いトレーニングをしているとしたら、当然、トレーニングの効果がなかなか出ないということになってしまいます。

回復がうまくいっていないということは、言い換えるとトレーニングするキャパシティーがなくなっている状態のようなものです。本人としては一生懸命トレーニングをしているつもりでもこなせるレベルが自分で気づかないうち低くなってしまうことがあるそうです。

つまり、回復こそがトレーニングの質という点で非常に大事な要素というわけです。したがって、トレーニングをする人だけでなく指導する立場であるトレーナーの人たちも、もっと回復の重要さに目を向けたほうがよいといえるかもしれません。効率の良い回復ができるようになれば、トレーニングの質や密度といったものを向上させることもできるのではないでしょうか。