段階的リコンディショニングプログラムを作成する

リコンディショニングプログラムを提供していくうえで最も重要なポイントとして 、段階的なプログラムを作成
することが挙げられる。特に、 下肢のリコンディショニングプログラムについては、立位における身体の機能
を充分に考慮した段階的プログラムを作成しなければならない 。すなわち、 荷重下における単関節運動から、荷重下における多関節運動へと 、段階的に プログラムを 漸進させていかなければならない。

大腿凹頭筋、特に内側広筋の萎縮、機能低下がみられることから、 変性膝関節症を改善するためには内側
広筋を中心とする大腿凹頭筋の筋力強化が重要であるとされている。しかしながら、ただ単に内側広筋を中
心に大腿四頭筋の筋力を高めればよいわけではない。内側広筋は膝関節に関わる 一関節筋の一つであり 、重
力対応を担いながら膝関節の安定性 をもたらす役割をになっている。すなわち 、立位活動時において動力、推
進力をもた らす役割を担う大腿直筋の筋活動に合わせて膝関節を安定させる作用を持つ。こうした機能を考慮し 、多関節エクササイズによる筋力強化を行うことが必要不可欠であると考えられる。
しかしながら、荷重下での多関節エクササイズをいきなりリコンデイシヨニングプログラムに導入しでも 、効
果があがらないばかりではなく、症状、状態を悪化させてしまうことになりかねない。なぜなら、身体にトラブ
ルや痛みを抱えている人の多くは、多関節、複合的な動きにおいて動員される筋の動員パターンが乱れてお
り、特定の筋の収縮力の低下といった課題を抱えているケースが多いからである 。そのような状態でいくら多
関節エクササイズを行っても、それらの課題を改善する ことはできないのである。特に、重力対応を担う一
関節については、重力関与が大きい荷重下では仮に動員パタ ーンが不適切であろうが、重力に抗うために動
員されることを余儀なくされる。そのような状態では充分なアプローチが不可 能となり、改善が期待できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です