Tテスト

卜レンデレンブルグ症候を評価するために理学療法の現場で用いられるテストである。 トレンデレンブルグ症候とは、殿筋麻却などに伴う中殿筋機能不全によって、患側肢で片脚立ちしたときに健側 (反対脚側)の骨盤が下がる症状のことを指す。

トレンデレンブルグ症候の場合、歩行時に脚を引きずる動きがみられる。しかし、股関節脱臼といった整形外科的疾患がなくても、中殿筋の機能が低下している人も多く歩行時に代償動作がみられるケースも多い。中殿筋の骨盤支持機能が低下することによって、膝関節に様々なストレスが加わり 、関節のトラブルを引き起こす可能性が高くなる。従って、変形性膝関節症の場合に限らず、膝関節のリコンディショニングプログラムを提供するうえでは、Tテストを実施し 、中殿筋の骨盤支持機能を評価することを推奨する 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です